政治

都がアーティスト支援へ→ネット「これ「支援」じゃなくて「発注」」と批判集中

東京都が新型コロナウイルスの感染拡大に伴って活動の場を減らしているアーティストらの支援策を検討していることが14日、関係者への取材で分かった。都がインターネットで配信する動画を制作してもらい、対価を支払う方針。15日に公表する補正予算案に関連費用として数億円を計上する方向で調整している。

 都は文化の祭典でもある東京五輪・パラリンピックの開催を控え、多くの人が芸術活動に取り組める環境の整備に力を入れてきた。感染の広がりでイベントの中止や延期が相次ぎ、劇場などが使用できないケースも増えており、都がサポートの方法を検討していた。

引用元:都がアーティスト支援へ

ネット上の声

ちがうねんなあ。支援はええけど。アーティストがつくるもんを指定してどないすんねん。それ支援ちゃう発注や。
なぜアーティスト支援を何かやらせてその対価を払うという形にしなければならないのか。ただ支援を与えるだけではなぜ駄目なのか。与えることによって返ってくるという往復をもっと長期的に考えられないのか。
役に立つことした人にはお金あげますよって、こんなの露骨な囲い込みじゃないか。
すごいな。アーティストを強制的に「自粛」させて苦しめた上、札束をちらつかせて露骨にプロパカンダに協力させようとしてる。
どうして、協力してくれれば払うよ、になるのか。
「バンクシー作品らしきネズミの絵」でも作ればいいのだろうか。
真実の伝導者
これは的外れすぎる

-政治

Copyright© The Truth , 2020 All Rights Reserved.