コロナ関連

【データあり】新型コロナの死亡率が低い日本人、すでに免疫持っている説

世界中で130万人以上が感染し、8万人以上の死者が出ている新型コロナウイルス(4月8日現在)。世界の研究者が驚くのが、日本の死亡率の低さだ。

3月末時点で人口10万人あたりの日本の死者数は0.04人。一方でイタリアは同17.79人、スペインは同15.64人と大きな差がある。医療ジャーナリストの鳥集徹(とりだまり・とおる)さんが説明する。

「原因については諸外国も関心を持っていますが、現状では日本はウイルス感染の有無を調べるPCR検査数が絞られているため、感染数や死亡数が過小評価されているとの指摘がある。あまり他人と直接的に接触しない、大声でしゃべらないといった行動様式や、マスクや手洗いなどの習慣が日本における感染拡大を防いでいる可能性も考えられます」

また、日本におけるBCG接種率の高さが重症化を抑えている可能性を指摘する声もある。さらに注目されるのが、「日本人は新型コロナの免疫を持っている」という新たな仮説だ。

新型コロナにはS型と感染力の強いL型があり、京都大学大学院医学研究科・医学部特定教授の上久保靖彦さんらは論文で「S型がL型よりも早く中国から伝播し、部分的な抵抗力を与えた」と発表した。

「昨年末まで日本はインフルエンザが史上最高ペースで流行していましたが、今年になってから急速に流行がストップしました。その理由を、論文では昨年末から日本にS型が流入して、インフルエンザ感染を阻害している可能性を示唆しました。

昨年11月から今年の1月まで中国人観光客は184万人入国していたため、S型がすでに日本の一部で“蔓延”していたということです。そのため、L型にも部分的な集団免疫を付与しているという内容でした」(医療ジャーナリスト)

諸外国が驚く「日本の奇跡」を維持するには、自らのリスクを正しく知り、対策を進めることが肝要だ。

引用元:NEWSポストセブン『新型コロナの死亡率が低い日本人 すでに免疫持っているとの仮説』

ネット上の声

いくら検査件数が少ないと言っても新型コロナによる死亡者数と重症化者数はごまかせないし、医療従事者の方々の活動、活躍が素晴らしいと思います。
それならここに来て急速に感染が拡大している理由が分からないし、中国人は日本のみならず世界中を訪れているのに、日本だけが既に基礎免疫を持っているのが説明付かない。

嵐がまだ来ていないのか、倒れそうな木々を医療従事者が必死に支えてるのか、はたまた記事の仮説が正しく、BCG効果も相まって、柳の枝のように暴風を受け流してるのか、いずれにしても拙速に楽観論に流れるのは危険。

週刊誌の記事に過ぎないけど、この説然り、BCG説然り…。
何か少しでも安心できる材料が欲しいのは確かだし、早く医学的証明がなされてほしい。

面白い仮説。抗体って調べられないのかな。自身も12月に入るかどうかの時期に、今思えばコロナ?って症状にかかった。外出自体困難なくらい、異常な倦怠感と39度の高熱が2日、インフル2回とも陰性でした。
茨城には納豆がある!

沖縄にはシークヮーサーがある!

ただ単に 手洗い うがい マスクする人種だからかな?
もともと社会的距離と手洗いの清潔文化があったから、拡大が少し遅いだけ。

このままだと油断できない。

真実の伝導者
そういいながら感染者数が増加の一途です

-コロナ関連

Copyright© The Truth , 2020 All Rights Reserved.