コロナ関連

【悲報】北海道でコロナ感染第2次波の恐れ

道内の新型コロナウイルスの新たな感染者は、道の緊急事態宣言や道民の協力などの効果で、一時より少なくなった。だが、道内の発症者を調査分析する札医大医学部の當瀬規嗣(とうせのりつぐ)教授(61)=細胞生理学=によると、3月中旬すぎから欧米などからの帰国者の発症者が散見され「1月末~2月上旬の中国からの第1波に続き、第2波が来ている恐れが強い」と指摘する。このため「感染拡大防止のための行動自粛を緩めずに、今しばらく続けてほしい」と注意を呼びかけている。

 當瀬教授は、道などが公表する新たな感染確認者の情報から、感染症の症状が表れた「発症日」ごとの感染者の数を、感染拡大の発端となる可能性がある「感染経路不明者(発端者)」と、発端者から感染したと思われる「濃厚接触者」の2種類に分けて独自に集計し、感染の広がりを分析した=グラフ=。

 公表された情報で発症日が分からない感染者、無症状の感染者は集計に含めていない。當瀬教授によると、感染から発症までの潜伏期間は5~6日。発症からPCR検査で感染が確認されるまでは平均で7・3日(道内感染者の場合)かかっている。発症日に注目したのは、感染確認者として公表された人が、実際に感染したのは、公表のおよそ2週間前になるからだ。

 集計によると、2月上旬から道内で発端者の発症が少しずつ増え始め、それに遅れて濃厚接触者の発症も徐々に増加した。発端者は同月18日の8人、濃厚接触者は同月29日の5人をピークにそれぞれ減少に転じ、緊急事態宣言期間後半の3月13日にはともにゼロとなった。

 ところが、宣言期間最終日の3月19日に3人、さらに21日には4人の発端者が発症し、再び発症者が増える兆しが見え始めた。分析では、3月14~21日の8日間に発症した発端者計16人のうち約4割の6人が、3月上旬以降に感染が拡大した欧米などからの帰国者だった。

 「これだけの数の帰国者の発症者がいるということは、第1波に続いて、北海道に再びウイルスが持ち込まれた可能性が高い。緊急事態宣言が解除されたからといって防止策を緩めてしまうと、この先感染が一気に広がってしまう可能性がある」と懸念する。

引用元:北海道新聞『新型コロナ 第2波警戒 札医大・當瀬教授が分析』
 

ネット上の声

コロナが終息したと言って中国はお祭り騒ぎ。でも第2波の感染が広がる恐れあり。心配なのは又安倍首相が中国からの入国制限を解除しないかですね。習近平に忖度して。
スペイン風邪も第三波まであって、第二波が一番被害大きかったんだって。感染症の根絶は油断ならない、念には念を押さないとやばい。
北海道で感染第2波の恐れってあるけど、本当にさ企業のトップさんたち、利益より先ずウィルスの収束に専念しませんか?
私は経験ないから分からないけど、世界がこのような状態でもどうしてもしなくちゃいけない仕事があるの?何の仕事なの?
一回休もうよ!そしたら満員電車もなくなるし…
ほらほらほら
気をつけましょうってば

私の周りに結構 楽観視する人が増えてきてるんだけどなぜ???
フツーにまだ終わってないでしょ???

前向きなのと
能天気なのは違うよ?

感染者数が抑えられてるということは抗体を持つ人が少ないわけで対策を蔑ろにすると収束せずにまた流行してしまうよね。
多分この波状攻撃はしばらく続く。

-コロナ関連

Copyright© The Truth , 2020 All Rights Reserved.