政治

【悲報】香川でゲーム条例採決の恐れ

香川県では以前より、青少年の健全育成を目的としてゲームを規制する条例の検討が進められていました。

ネット上ではこれに対する批判が多く寄せられており、一時は却下される見通しとなっていましたが、

3月12日に行われた第7回ネット・ゲーム依存症条例に関する定例検討委員会では予定通り採決する方針が確認されました。

ネット・ゲーム依存症条例とは?

そもそも、「ネット・ゲーム依存症条例」とは18歳未満の子供に対し、1日あたりのコンピューターゲーム利用時間を60分(休日は90分)までに制限する条例です。

ネット・ゲーム依存症の状態とは?

なぜ、このような取り決めを行おうとしているか。それはネット・ゲーム依存症の数が増えているからです。

この依存症には以下の特徴があります。

  • 自己制御の障害
  • 日常生活の優先順位の低下
  • 低い自尊心でゲーム世界に逃避 
  • 現実世界での自己主張が苦手
  •  

  • 不得手な対人関係

このような特徴をもった子どもたちが成人になってもうまく適応できないというのが危惧されているのです。

ネット上では大批判だったが。。。

とは言え、それがゲームだけの責任なのかという意見もあり、特にネット上では批判の嵐でした。

ところが今回の会議に先立って募集されたパブリックコメントによると意見を寄せた県民2613人のうち、賛成は2268人、反対は333人だったという。つまり意見を寄せた県民のうち86%近くが条例に賛成したのです。

さらに詳しく見たところ、県民自体は大半が賛成で、反対は県外などから寄せられているのが多いとのことでした。

SNS上の声

このような事態を踏まえ、ネット上では以下のような声が上がっています。

やはりネット上では批判の声が大きいです。

今度どうなっていくのか注目です。

-政治

Copyright© The Truth , 2020 All Rights Reserved.