未分類

【神戸西警察署】嘘ついた副署長、署長と仲良くコロナにかかる


 

兵庫県警は13日、複数の幹部らが新型コロナウイルスに感染した県警神戸西署で、いずれも50代の署長と副署長の感染を新たに確認したと発表した。ともに軽症とみられる。県警は2人を交代させる人事を発令した。

 県警によると、同署では7日以降、署長と副署長を含む警視3人、警部1人と警部補4人、巡査部長1人と職員1人の計10人の感染を確認した。

 同署ではこれまで平日朝に署長室で警部級以上の幹部会議を開いていたほか、3月27日には会議メンバーのうち7人が神戸市内の居酒屋で懇親会を開催。出席者のうち5人の感染が判明している。

 最初に発症が確認されたのは交通部門の警視だが、感染経路は分かっていない。

 同署では署員約120人が自宅待機中で、ほぼ同数が県警本部などから応援に入っている。

 県警は13日午前、加藤晃久本部長が緊急会見を開き、「管内の治安を守るための十分な態勢を整えている」と述べた。

引用元:兵庫県警神戸西署 署長・副署長も感染確認

当初は「歓迎会をしていない」と報告

ネット上の声

警察権力が弱体化していくぞ!
神戸西署の署長新任歓迎会でクラスタ発生からの署長・副署長も自ら感染って、歓迎会のタイミングとか、いかにも出席を強要しそうなポリの体質も考えると、新コロやらかしシリーズの現時点でのMVPの可能性が高い気がする。
嘘つきはコロナの始まり

「署長と副署長が歓迎会で疫病感染」って文字列を見ると織田裕二が湾岸署でいろいろする話が始まる雰囲気がある
真実の伝導者
コロナ封鎖できません!

-未分類

Copyright© The Truth , 2020 All Rights Reserved.