コロナ関連

スーパー「ライフ」が全従業員に総額3億円の一時金→ネット「国よりスピーディー」

スーパー大手のライフコーポレーションは全国のすべての従業員、4万人に対し、総額でおよそ3億円の一時金を支給することを決めました。新型コロナウイルスの影響で来店客が増加し、業務量が増えたことに対する手当だとしています。

スーパー大手のライフコーポレーションは関西や首都圏で275店舗を展開しています。

会社によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛する動きが広がり、食料品を買い求める来店客が増えていて、今月に入ってからの売り上げは去年と比べて15%以上増加しているということです。

このため通常より業務量も増えているとして、契約社員やアルバイトを含めた全国のすべての従業員およそ4万人に対し、一時金を支給することを決めました。

総額はおよそ3億円で、1人当たりの支給額は契約形態によって異なり、詳細は公開されていませんが、総額を人数で割った単純計算では1人当たり7500円になります。

会社は一時金を支給することで従業員の労をねぎらい、モチベーションの向上につなげたいとしています。

引用元:NHk『スーパー「ライフ」来店増加で全従業員に総額3億円の一時金』

ネット上の声

国の政治を超えるスーパーがいた
コロナで変なお客さん増えて、スーパーやドラッグストアの店員さんは苦労されていると思います。
他の小売店にも広がってほしい
素晴らしいね、病院職員にも是非
確か、内定取消しの学生の採用もされてましたね。
濃厚接触のリスクを犯し、家族からは「危ないから働くのをやめろ」と言われながらもスーパーで働く皆さんこそ、医療関係者同様、本当の英雄だと思います。国は休業補償と同時に、コロナ最前線で戦ってくれている方々に何らかの報奨金があっていいのではないかと思います。

-コロナ関連

Copyright© The Truth , 2020 All Rights Reserved.